おしゃれの極意!流行に敏感になろう

流行に乗るには?-catch the trend-

流行に乗るには?-catch the trend-

流行に乗るには?-catch the trend-

センスよくトレンドを取り入れられる「おしゃれな人」、憧れますよね。流行のファッションを着こなすアパレルショップ店員はファッション好きにとって憧れの的です。もっとおしゃれになりたい人、ショップ店員として活躍したい人、流行をいち早くキャッチしたい人、ファッションリーダーを目指す人のためのお役立ち情報を紹介します。

カテゴリ一覧

  • 流行に敏感になろう

    このサイトではアパレルショップの店長が「流行に敏感になるメリット」について紹介していきます。流行に敏感になればおしゃれになります。人生がもっと楽しくなります。美意識が身に付けば、自然とおしゃれなファッションアイテムを選ぶことができるようになり、おしゃれなコーディネートがイメージできるようになります。そして自信を持って生きることができるようになります。美意識を身に付けるためにアパレルショップの店員になることもおすすめします。

  • ショップ店員になって流行に乗ろう

    おしゃれのセンスや美的感度は一日で磨けるものではありません。できるだけおしゃれな人や物に囲まれて目と感性を養うことが大切です。日常的にそういう環境をつくるために、ショップ店員のアルバイトを始めてみませんか?ショップ店員にとってファッショントレンドの知識を仕入れるのは仕事のうち。店内には常に流行のファッションアイテムが並び、店員はいち早くトレンドのファッションを着こなして店頭に立ちます。そんな環境に身を置けば、自然と感性が磨かれますよ。

  • おしゃれな人の習慣とは?

    おしゃれな人のファッションを真似する人は多いと思いますが、本当におしゃれのセンスを磨きたければおしゃれな人の習慣も真似しちゃいましょう。コーディネートはただ真似するだけではなく、自分なりのアレンジを加えて研究することで徐々にセンスが磨かれていきます。帽子やバッグ、スカーフやメガネなどの小物なら冒険もしやすいと思います。洋服や小物を買う時は、用途をしっかり考えて買う癖をつけてください。通販サイトやアプリなどを活用して、賢くお得にゲットする技も身に付けましょう。

  • カリスマ店員を目指そう

    おしゃれのセンスを磨くなら、カリスマショップ店員を目指してみませんか?カリスマショップ店員は、日常生活の中でもファッションのトレンドや流行に関する情報を敏感にキャッチしています。例えば毎日何気なく眺めているSNSも、視野を広げてアンテナを立ててみるとおしゃれのヒントがたくさん隠れていることに気付くはず。もちろん、ただおしゃれのセンスがあるだけではカリスマショップ店員にはなれません。心を掴む会話術や売り場作りについても勉強しましょう。

  • おしゃれ情報を収集しよう

    おしゃれを研究していると必然的に流行にも敏感になります。今何が流行しているのか、そして次に来るトレンドは何なのか?という情報はいち早く知りたいものですよね。SNSやWebマガジンなどネット上には数多くの情報があり、そのほとんどの情報が無料で手に入ります。何気なく眺めるのではなく、目的意識を持ってチェックする習慣をつけると目にとまる情報が自然と変化します。パリ・ミラノ・ロンドン・ニューヨークで開催される4大コレクションは必ずチェックしましょう。

  • 新米ショップ店員は必ず読もう

    ショップ店員としての第一歩を踏み出したばかりの新米ショップ店員に必ず読んでもらいたい記事を集めました。まず、おしゃれの意識を高めること、流行に対する感度を上げることは欠かせないポイントです。日々ファッション誌やWebマガジンをチェックしたり、おしゃれなものや人に接してセンスを磨きましょう。通販サイトは今売れ筋のトレンドファッションが並んでいますから、常にチェックしておくと良いでしょう。コーディネートの参考にもなるはずです。

アパレル店長を目指すなら

資格にも挑戦しよう
資格にも挑戦しよう

アパレルショップで働くためにアパレル・リテール関連の資格試験を受験してみましょう。アパレルショップで働くために資格は必要ありませんが、資格を持っていると選択の幅が広がるかもしれません。ショップ店員になった後でも役立つ資格がありますし、よりショップ店員としてのやりがいが増すかもしれません。今回は「ファッション販売能力検定」「ファッションビジネス能力検定」そして「リテールマーケティング検定」について紹介します。

続きを見る
「VMD」で売り場を作ろう
「VMD」で売り場を作ろう

VMD(ビジュアル・マーチャン・ダイジング)がアパレルショップでは重視されます。お店を通りかかっただけで商品を手に取りたくなるようなショップ作りを大切にしましょう。特にマネキンはVMDでは重要な役回りになります。「マネキン買い」をされるほど魅力的なマネキン作りをしましょう。また売り場のVMDだけでなくショップ全体のトータルコーディネートが重要になりますので、スタッフ全員が協力をすることも大切です。

続きを見る
アレンジを加えてセンスを磨こう
アレンジを加えてセンスを磨こう

おしゃれのセンスを磨く前に、自分がどのようなものに触れると心が動くのかを知りましょう。意識的に自分の心を観察すると、なぜ心が動いたのかその理由が見えてきます。その感性を大切に育てましょう。ファッション誌などで紹介されている洋服のコーディネートに自分の感性を活かしたアレンジを加える習慣をつけるのもおすすめです。初めはうまくいかないかもしれませんが、徐々にセンスを活かしたアレンジができるようになるはずです。

続きを見る
技術を磨く心を持とう
技術を磨く心を持とう

ショップ店員はブランドの顔ともいえる存在です。常に接客技術を磨こうという高い志を持ちましょう。お客さんからの質問に対していつでも答えられるように事前の準備が必要です。新商品が入荷したら素材や洗濯に関する注意点を確認し、おすすめのコーディネートアイテムなどをイメージするようにします。またお客さんに私もこうなりたいと思われるように、おしゃれで流行に敏感な魅力的な店員さんになれるように努力をしましょう。

続きを見る